コンテンツにスキップする

中国の刺激策、「ミニ」から規模拡大-政府が景気支援に本腰

中国のいわゆる「ミニ刺激策」が規 模を拡大し始めている。

野村ホールディングスのエコノミストは、低所得者向け住宅に関連 した中国人民銀行(中央銀行)の融資といった措置が「かなり大規模な ものに変わり始めている」と指摘。市中銀行の預金準備率が4-6月 (第2四半期)に引き下げられるとの予想を撤回した。UBSは政府が この数カ月間にミニ刺激策を徐々に強化しており、人民銀が「流動性状 況をそっと緩めてきた」と分析している。

2008年に始まった5860億ドル(約60兆円)規模の刺激策は記録的な 債務増加をもたらし、全国的な不動産バブルを招いた。中国共産党はそ の間違いを繰り返すことなく、景気回復を図ろうとしている。李克強首 相は先週、地方政府に対し景気の安定化を支援するよう要請した。同首 相は約7.5%の成長目標を確実に達成することを目指している。

みずほセキュリティーズアジアの沈建光エコノミスト(香港在勤) は、「規模が拡大しつつあるのは確かだ」と指摘。「李首相は地方政府 に本格的な行動を示すよう求めており、全く自然なことだ」と述べた。

住宅・鉄道投資の拡大だけでも国内総生産(GDP)伸び率を0.8 ポイント押し上げるだろうと野村は26日のリポートで予想。クレディ・ アグリコルのシニアエコノミスト、ダリウス・コワルツィク氏(香港在 勤)は、政府の刺激策で成長率が1ポイント拡大すると試算している。

国務院

国務院が4月2日に鉄道投資加速や税優遇措置などを盛り込んだ景 気下支え策の概要を発表して以来、新たな措置が相次いで打ち出されて いる。

財政省は5月28日、予算執行を加速させると表明。バンク・オブ・ アメリカ(BOA)のアナリストはこうした動きについて、成長にプラ スだとみている。広東省はウェブサイトに掲載した27日付の通知書で、 景気を支えるため総額647億元(約1兆円)を割り当てる計画を明らか にした。

国家発展改革委員会(発改委)は一定の民間投資を募る少なくと も1000億元規模の運輸関連投資ファンドについて検討している。中国政 府系の新聞、経済参考報が29日、関係者1人を引用して伝えた。

宋宇氏らゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは同日 のリポートで、「政府が目指す成長回復には、時宜を得た財政支出の配 分が極めて重要だ」と指摘した。

原題:China Stretches ‘Mini’ Stimulus Label as Steps Multiply: Economy(抜粋)

--取材協力:Zhang Dingmin、Xin Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE