コンテンツにスキップする

SF総裁:雇用増のため目標上回るインフレ率容認必要な公算

米サンフランシスコ連銀のウィリア ムズ総裁は長期の失業率が高水準にある際には、連邦準備制度理事会 (FRB)はインフレ率が目標を上回るのを容認することで完全雇用の 実現を目指すべきだと指摘した。同連銀のグレン・ルードブッシュ氏と 連名の今月27日付のリポートで見解を示した。

同総裁は「グレート・リセッション(大不況)後の高水準の長期失 業率に直面する中で、最適な金融政策はインフレ率が目標を超えること を容認することだろう」と述べた。総裁は今年の連邦公開市場委員会 (FOMC)の投票メンバーではない。

原題:Williams Says Fed May Need to Let Prices Overshoot to Boost Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE