コンテンツにスキップする

米国株:S&P500種は最高値-タイソンの買収案を好感

29日の米国株は反発。S&P500種 株価指数は過去最高値を更新した。タイソン・フーズがヒルシャー・ブ ランズに買収案を提示したことが好感された。第1四半期の実質国内総 生産(GDP)の伸びがマイナスとなったものの、その後景気は改善し つつあるとの見方が広がった。

加工肉製品大手のヒルシャーは急伸。豚肉加工会社タイソン・フー ズはすでにヒルシャーに買収案を提示しているピルグリムズ・プライド に対抗し、68億ドルの買収案を提示した。タイソンも上昇した。バイオ テクノロジー会社のバイオジェン・アイデックも高い。JPモルガン・ チェースが株式投資判断を引き上げた。

S&P500種株価指数は前日比0.5%高の1920.03。ダウ工業株30種 平均は65.56ドル(0.4%)上げて16698.74ドル。ナスダック100種株価 指数は0.6%上昇。

リバーフロント・インベストメント・グループのファンドマネジャ ー、サム・ターナー氏は、「GDPの内容がどうであれ、足元の経済統 計は改善しつつある」と述べ、「小型株やモメンタム銘柄が2カ月間、 売りを浴びた。今は売られ過ぎとなり、ある程度値を戻し始めている」 と続けた。

小型株やインターネット株に始まった売り浴びせは広範な銘柄に拡 大し、S&P500種は4月に2カ月ぶりの低水準をつけた。それ以来、 同指数は5.8%値を戻している。

第1四半期の米GDP

1-3月(第1四半期)の実質GDP改定値は速報値から下方修正 され、3年ぶりにマイナス成長となった。商務省が発表した第1四半期 の実質GDP(季節調整済み、年率)改定値は前期比1%減と、速報値 の0.1%増から下方修正され。減少率はブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミストの予想中央値(0.5%減)を上回った。

フェデレーテッド・インベスターズのチーフ株式ストラテジスト、 フィリップ・オーランド氏(ニューヨーク在勤)は、「次の数四半期は ずっと強い数字になるだろう」と述べ、「市場はこの統計を読み取るこ とができるはずだ。より良好な経済成長を織り込み始めるだろう」と続 けた。

米労働省の発表によると、先週の新規失業保険申請件数(季節調整 済み)は30万件と、前週から2万7000件減少した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)はこの日、0.6%下げて11.61。過去最低値に約3ポイントと迫 った。

S&P500種産業別10指数のうち9指数が上昇。消費財株や素材株 が上昇した。

ヒルシャーが高い

ヒルシャーは18%高。タイソンの発表によると買収提示額は1株当 たり50ドルと、35%のプレミアム(上乗せ)となっている。タイソン は6.1%値上がりした。

バイオジェンは3.6%高。JPモルガンのアナリストは同社の株式 投資判断をニュートラルからオーバーウェートに引き上げた。JPモル ガンのアナリストは開発の後期過程に入っている新薬の数が多いことを 挙げ、多発性硬化症治療薬「テクフィデラ」の使用拡大の可能性が高ま ったことが医師を対象に実施した調査で分かったと指摘した。

原題:S&P 500 Rises to Record Amid GDP Data, Tyson’s Bid for Hillshire(抜粋)

--取材協力:Corinne Gretler、Gerrit De Vynck.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE