コンテンツにスキップする

5月29日の米国マーケットサマリー:ドル下落、S&P最高値

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3604   1.3591
ドル/円            101.74   101.85
ユーロ/円          138.40   138.42


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,698.68     +65.50     +.4%
S&P500種           1,920.03     +10.25     +.5%
ナスダック総合指数    4,247.95     +22.87     +.5%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .38%        +.01
米国債10年物     2.46%       +.02
米国債30年物     3.32%       +.02


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,257.10    -2.60     -.21%
原油先物         (ドル/バレル)  103.55      +.83     +.81%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではドルが7週ぶり高値から下落。1- 3月(第1四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値で経済が3年 ぶりにマイナス成長となったことが示され、成長押し上げに向け金融当 局が過去最低水準の政策金利を維持する正当性が裏付けられた。

ユーロは3カ月半ぶり安値付近から上昇。欧州中央銀行(ECB) が来週の政策委員会で刺激策拡大を決定するとの観測が広がる中、同委 メンバーのコスタ・ポルトガル銀行(中銀)総裁は30日に発言する。主 要通貨ではオーストラリア・ドルが大きく上昇。企業の設備投資に増加 の兆しが見られた。中国人民元は6営業日ぶりに上昇。下げは行き過ぎ との見方が一部に広がった。ドルはこの日売られたものの、失業保険申 請件数が減少したことから、下げは限定的となった。

RBSセキュリティーズ(コネティカット州スタンフォード)の為 替ストラテジスト、ブライアン・デンジャーフィールド氏は「GDPは 予想よりも若干悪かった」とし、「金利の低下が続けば、短期的にドル にはややマイナスだ」と続けた。

ニューヨーク時間午後2時24分現在、主要10通貨に対するドルの動 きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%下げ て1011.52。前日は一時1013.55と、4月8日以来の高値を付けた。

ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.3601ドル。前日は2月13 日以来の安値に下げた。対円ではこの日0.1%値下がりし1ユーロ=138 円30銭。

◎米国株式市場

29日の米国株は反発。S&P500種株価指数は過去最高値を更新し た。タイソン・フーズがヒルシャー・ブランズに買収案を提示したこと が好感された。第1四半期の実質国内総生産(GDP)の伸びがマイナ スとなったものの、その後景気は改善しつつあるとの見方が広がった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.5%高の1920.01。ダウ工業株30種平均は65.56ドル (0.4%)上げて16698.74ドル。ナスダック総合指数は0.5%上昇。

リバーフロント・インベストメント・グループのファンドマネジャ ー、サム・ターナー氏は、「GDPの内容がどうであれ、足元の経済統 計は改善しつつある」と述べ、「小型株やモメンタム銘柄が2カ月間、 売りを浴びた。今は売られ過ぎとなり、ある程度値を戻し始めている」 と続けた。

◎米国債市場

米国債市場では10年債利回りが一時、昨年6月以来の水準に低下し た。主要中央銀行がインフレを加速させることなく景気刺激措置を継続 できる状況がますます整う中、世界的に国債買いとなり、利回りは1年 ぶりの水準に低下した。

28日の上昇でブルームバーグ・グローバル先進国ソブリン債指数で 見た利回りは1.28%と、2013年5月以降で最低となった。オーストラリ アの10年債利回りは11カ月ぶり、日本は1年ぶりの水準にそれぞれ低下 した。欧州の国債利回りはユーロ発足以来の低水準に接近した。

米商務省が29日発表した第1四半期の実質GDP(季節調整済み、 年率)改定値は前期比1%減と、速報値の0.1%増から下方修正され た。前日は5月のドイツ失業者数が予想外に増加したことが明らかにな り、債券相場は上昇した。

カルバート・インベストメンツ(メリーランド州ベセスダ)のキャ シー・ロイ最高投資責任者(CIO、債券担当)は「中央銀行は金利を 低く抑えるためには可能なことをすべてやると言明している」と指摘。 「この状況が長期化する環境にある」と続けた。

ブルームバーグ・グローバル先進国ソブリン債指数は年初から今 月28日までに4.3%上昇。ブルームバーグの指数に基づくと米国債のリ ターンは3.6%。ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会 (EFFAS)がカバーする26カ国の国債相場はすべて、過去1カ月に 上昇している。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後1時47分現在、10年債利回りは2.44%。一時は4ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下の2.40%と、昨年6月21日以来の低水準 を付けた。同年債(表面利率2.5%、償還2024年5月)価格は前日比ほ ぼ変わらずの100 1/2。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は続落。16週間ぶりの安値を付けた。米経 済は冬季の減速から持ち直すとの観測が背景。1-3月(第1四半期) の米実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正され、3年 ぶりのマイナス成長となった。

TDセキュリティーズのシニア商品ストラテジスト、マイク・ドラ ゴシツ氏(トロント在勤)は電話取材で、「厳冬を理由に、GDPの数 字はあまり重視されないだろう」と指摘。「米経済は4-6月期に入っ て順調なため、金に対するセンチメントは弱気な状況が続くだろう」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.2%安の1オンス=1257.10ドルで終了。一時は1251.40 ドルと、2月4日以来の安値となった。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は反発。米石油受け渡し拠点であるオク ラホマ州クッシングの在庫が先週減少したとの統計を受けて、買いが入 った。ウクライナでの戦闘激化でロシア産石油や天然ガスの輸出に支障 が生じる可能性を警戒し、北海ブレント原油も上昇した。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州)のマイケル・リンチ社長は「クッシングの原油在庫 は大きく減少した。石油製品の在庫も減った」と指摘。「需要も本格的 に強い。この先数週間の価格を押し上げるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI7月限は前日比86 セント(0.84%)高の1バレル=103.58ドルで終了。年初からは5.2% の値上がり。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE