コンテンツにスキップする

NY金:続落、16週間ぶり安値-米経済は持ち直すとの見方

ニューヨーク金先物相場は続落。16 週間ぶりの安値を付けた。米経済は冬季の減速から持ち直すとの観測が 背景。1-3月(第1四半期)の米実質国内総生産(GDP)改定値は 速報値から下方修正され、3年ぶりのマイナス成長となった。

TDセキュリティーズのシニア商品ストラテジスト、マイク・ドラ ゴシツ氏(トロント在勤)は電話取材で、「厳冬を理由に、GDPの数 字はあまり重視されないだろう」と指摘。「米経済は4-6月期に入っ て順調なため、金に対するセンチメントは弱気な状況が続くだろう」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.2%安の1オンス=1257.10ドルで終了。一時は1251.40 ドルと、2月4日以来の安値となった。

原題:Gold Prices Reach 16-Week Low on Bets U.S. Economy to Rebound(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Glenys Sim、Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE