コンテンツにスキップする

欧州株:ストックス600、約6年ぶり高値-マン・グループ高い

29日の欧州株式相場は小高い。指標 のストックス欧州600指数は約6年ぶりの高値を付けた。

上場ヘッジファンド運用会社の英マン・グループは5%上昇。同社 は米資産運用会社ヌメリック・ホールディングスを買収する方向で協議 を行っている。決算を発表した英食品原料会社テート・アンド・ライル は4%上げた。一方、英住宅関連用品小売りのキングフィッシャー は4.9%安。第1四半期利益が予想を下回った。英発電設備レンタルの アグレコは4.5%下落した。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の344.51で引けた。終値ベ ースでは2008年1月以来の高値。前月末比では2%上昇。今月に入り、 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は必要があれば6月の政策決定会 合で緩和拡大を講じる方針を示している。

オフィ・ジェスチョン・プリべ(パリ)の運用担当者ジャック・ポ ルタ氏は、この日は欧州の「一部市場が休場のため、売買高が少ない」 と発言。「一部の投資家らはバリュエーション(株価評価)を警戒して いるようだ」とも述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、構成銘柄のこの日の売 買高は30日平均を38%下回る水準。

29日の西欧市場では取引のあった10カ国のうち3カ国で主要株価指 数が上昇。英FTSE100指数は0.3%上げた。オーストリアやスイスの ほか、北欧諸国は祝日のため休場だった。

原題:European Stocks Little Changed as Man Group Gains, Aggreko Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE