欧州債:オーストリアやフランス債が上昇-世界的な国債買いで

29日の欧州債市場ではオーストリア とベルギー、フランスの国債利回りがこれまでの最低を付けた。世界的 な国債買いで各国の借り入れコストが低下したことを受け、イタリア の10年債入札では落札利回りが過去最低となった。

利回り低下の背景には、欧州中央銀行(ECB)が来週の政策決定 会合で追加緩和を講じるとの観測がある。一方、スペイン債は反落。前 日までの4営業日続伸で10年債利回りは過去最低に低下していた。

コメルツ銀行のシニア金利ストラテジスト、ミヒャエル・ライスタ ー氏(ロンドン在勤)は「相場の鍵を握るのは引き続き、ECBをめぐ る観測だ」と発言。また、イタリアの入札結果について「これまでの動 きを考えれば、利回り水準は驚きではなかった」と語った。

イタリアは満期5年と10年の国債を計75億ユーロ発行。30億ユーロ 相当の2024年9月償還債の平均落札利回りは3.01%と、ブルームバーグ が1991年にデータ集計を開始して以来の最低を付けた。

この日は、フランス30年債利回りが2.762%まで低下。オーストリ ア5年債利回りは0.456%、ベルギー10年債利回りは1.849%までそれぞ れ下げ、いずれもこれまでの最低となった。

ロンドン時間午後4時17分現在、既発のイタリア10年債利回りは前 日比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.96%。15日 には2.885%と、ブルームバーグが1993年にデータ集計を開始して以来 の最低となった。同国債(表面利率4.5%、2024年3月償還)価格はこ の日、0.22下げ113.16。

同年限のスペイン国債利回りは4bp上げて2.86%。前日 は2.798%まで低下していた。

ドイツ10年債利回りはこの日、1bp上昇し1.35%となった。

原題:Italy Auctions 10-Year Debt at Record-Low Yield Amid Bond Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE