コンテンツにスキップする

女性管理職向け転職サイトが登場、アベノミクスで登録急増

会員制の求人サイトを運営する「ビ ズリーチ」は29日、管理職を目指す女性に限定した新たなサイトを開設 した。女性の社会進出を促すアベノミクスを背景に女性の登録が急増し ているのを受け、新サービスを提供することにした。

新サイト「ビズリーチ・ウーマン」の求人は年収500万-600万円が 中心。ビズリーチの南壮一郎社長は、ブルームバーグ・ニュースとのイ ンタビューで「安倍晋三首相は具体的に数値目標を打ち出して女性の活 用を推進しており、それが企業を動かし始めている。優秀で管理職を目 指す女性にちゃんと選択肢を供給することが一番大切だ」と述べた。

新サイトはソニーや楽天、GEをはじめとするグローバル企業な ど1900社が利用する。経営者に女性活用の取り組みを聞くインタビュー 企画なども盛り込んでいる。既存サイトの登録会員は約30万人。会員の 平均年収は約970万円で管理職に特化している。

安倍政権は成長戦略の一環として、2020年までに指導的地位に立つ 女性の割合を30%以上とし、全上場企業で少なくとも一人の女性役員を 登用するなどの目標を掲げた。これを契機にビズリーチには「女性管理 職」を求める問い合せが増え、女性の新規登録も3月末で前年同期 の3.5倍となったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE