コンテンツにスキップする

【今日のチャート】NZの住宅販売急減、利上げペース抑制も

ニュージーランドの住宅販売の落ち 込みは経済見通しに「重大なリスク」となり、住宅価格が上昇していて もニュージーランド準備銀行(中央銀行)が利上げペースを緩めること につながる可能性がある。民間調査機関ニュージーランド経済研究所 (NZIER)がこう警告した。

今日のチャートは上段で、住宅販売(緑色の線)のトレンド変化が が国内経済成長率(オレンジ色の線)の約6カ月以内の変化の前兆とな ることを示している。ニュージーランド不動産協会(REINZ)が12 日発表したデータによると、4月の住宅販売は前年同月比20.2%減少し た。

チャート下段を見ると、同国の住宅価格(緑色の線)は世界的な金 融危機前のピークを上回っており、スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)/ケース・シラー住宅価格指数(白線)に基づく米住宅価格 と対照的だ。

NZIERの主任エコノミスト、シャムビール・エーカブ氏は「住 宅販売が急に止まれば、銀行は融資に一段と慎重になりかねない。より 広範な経済の成長にプレーキをかけることになろう」と指摘した。

NZIERは2014年の経済成長率を3.5%と予測。中銀は昨年10月 に住宅ローン融資に制限を課し、増大するインフレ圧力の抑制に向け今 年に入って2回利上げした。エーカブ氏は、景気が急減速した場合、中 銀が6月を過ぎて利上げを中断することがあり得るとの見解を示した。

原題:N.Z. Home-Sales Plunge May Cap RBNZ Rate Moves: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE