コンテンツにスキップする

中国は19年までに世界最大の電気自動車市場に-BMWが予想

高級車メーカー最大手であるドイツ のBMWは、中国が電気自動車(EV)で世界最大の市場になると予想 している。中国では充電のためのインフラ整備が進み、環境汚染を抑え るためによりクリーンな乗用車が奨励されている。

BMWの中国部門責任者、カルステン・エンゲル氏は28日、上海で のイベントで、中国は遅くても5年以内にその目標を達成するだろうと 指摘。同氏は記者団に対し、「中国があと数年で世界最大のEV市場に なると当社は予想している」と語った。

BMWやフォルクスワーゲン(VW)といった自動車メーカーは、 世界最大の自動車市場である中国で代替エネルギー車が今後の成長の刺 激剤になると期待している。VWは18年までにEVモデル15車種余りを 中国で発売する計画。独ダイムラーは中国の比亜迪(BYD)と共同で EV車を製造しており、米テスラ・モーターズは先月、セダン「モデル S」を中国に投入した。

エンゲル氏によれば、BMWはEV車「i3」の9月の販売開始を 予定。同氏は今年の中国での同モデルの販売台数について、供給不足の ため1000台未満にとどまるとの見通しを示した。

原題:BMW Predicts China as Biggest Electric Car Market by 2019 (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE