コンテンツにスキップする

NZドル3月初旬安値へ、「トリプルボトム」下抜け-テクニカル分析

ニュージーランド(NZ)ドルは「 トリプル・ボトム」を下抜けたことで、今後さらに下落し、3月初旬以 来の安値水準を目指す可能性を示唆している。

RBCドミニオンセキュリティーズのチーフ・テクニカル・アナリ スト、ジョージ・デービス氏によると、NZドルは3月20日と4月3日 、29日の安値近くに位置する1NZドル=0.8515米ドルを下回って引け たことで、まずは昨年11月から2月にかけて形成された「トリプル・ト ップ」の0.8414米ドルを目指し、さらに現在0.83米ドル台半ば付近を通 過する200日移動平均線に向けて下落する可能性がある。

NZドルは28日に0.8500米ドルを割り込み、一時0.8470米ドルと3 月12日以来の安値へ下落。29日午後零時57分現在は0.8488米ドル前後で 推移している。

デービス氏は28日付のリポートで、「NZドルはこのところのもみ 合いから、下方ブレークしてしまった」と指摘。「0.8415米ドルのレベ ルは今や役割が変わり、最初の抵抗線になる」と分析した。

NZドルは今月に入り1.5%下落。今月6日には0.8780米ドルと 2011年8月以来の高値を付けていた。

日足の一目均衡表でも、NZドルは厚い「雲」を下抜けつつある。 ブルームバーグ・データによると、2本の先行スパンから成る「雲」の 下限は現在、0.8494ドルに位置。一目均衡表で雲の下抜けは、弱気相場 入りを示すとされている。

デービス氏はリポートで、NZドルが0.8586米ドルを超えて反発す れば、下方リスクは中和されるが、「強気モメンタムの新たな局面」に 入るには、5月高値とともにダブルトップを形成する4月10日高値の

0.8745米ドルを突破する必要があると分析している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE