コンテンツにスキップする

香港・中国株:H株が反落-金山軟件やテンセント安い

香港に上場している中国本土株の指 標であるハンセン中国企業株(H株)指数は反落。ソフトウエアメーカ ーの金山軟件などが売られた。

金山軟件(3888 HK)は12%安。中国国際金融(CICC)などが 投資判断を引き下げた。山東威高集団医用高分子製品(1066 HK) が4.2%安となるなど、本土株が下落した。

上海市場では、山東黄金鉱業(600547 CH)が1.4%下げ4日続落。 金相場が2月以来の安値となったことが売り材料。テンセント・ホール ディングス(騰訊、700 HK)は3.1%安。中国当局が一部のインターネ ット企業のインスタントメッセージ機能に暫定的な規制措置を講じると の一部報道が嫌気された。

H株指数は前日比0.1%安の10185.21で終了。ハンセン指数は69.89 ポイント(0.3%)安の23010.14。

中国本土市場で人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する上 海総合指数は9.63ポイント(0.5%)安の2040.60。上海、深圳両証取の A株に連動しているCSI300指数は0.7%安の2155.16。

デルタ・アジア・セキュリティーズのストラテジスト、サム・チユ ン氏は「投資家は中国の刺激策など相場を支える他の要因を引き続き探 しており、主要な経済統計を待っている」と述べた。

原題:China Shares in Hong Kong Pare Monthly Gain; Kingsoft Plunges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE