コンテンツにスキップする

ブラックロックCEO:レバレッジドETFは業界を「破壊」も

米資産運用会社ブラックロックのロ ーレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)はレバレッジド上場投資 信託(ETF)について、構造上の問題があり、業界を「破壊する」恐 れがあると述べた。

フィンクCEOは28日、ニューヨークでドイツ銀行のアンシュー・ ジェイン共同最高経営責任者(CEO)と臨んだ質疑応答の会合で、 「ブラックロックはレバレッジドETFを決して手掛けないだろう」と した上で、米証券取引委員会(SEC)が同ETFの運用を容認してい る理由が分からないと語った。

ETFはこの10年で最も人気のある投資手段の1つとなった。企業 がより多様な投資家層を引き付けようとする中で、ETFはますます複 雑化している。ETFの大半は株価指数と同様の構成を取っているが、 レバレッジドETFは株価指数の日々のリターン拡大を図るためスワッ プやデリバティブ(金融派生商品)を活用する。SECは2009年、レバ レッジドETFとインバースETFは長期投資家には適さないとブロー カーや投資家に警告。同年以降、こうしたETFはいくつかの問題をめ ぐって厳しい視線が注がれるようになった。

フィンクCEOはこの日、レバレッジドETFを監視すべきだと指 摘。当局は金融システムのリスク低減を目指す際に資産運用額ではなく 商品自体に照準を定めるべきだと述べた。

原題:BlackRock’s Fink Says Leveraged ETFs May ‘Blow Up’ Industry (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE