コンテンツにスキップする

米ツイッター株、上昇-野村が投資判断をバイに引き上げ

簡易ブログ運営の米ツイッターの株 価は28日のニューヨーク市場で約1カ月半ぶりの大幅な上昇となった。 野村証券が同社の投資判断を「バイ」に引き上げたことが寄与した。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、ツイッター株は前日 比10.7%高の33.77ドルで終了。上昇率は4月15日以降で最大。年初来 では依然として47%下げている。ロックアップ期間の終了に加え、ユー ザー数の伸びが失速しつつあるとの懸念でここ数週間は下落していた。

リポートを執筆した野村のアナリスト、アンソニー・ディクレメン テ氏は、投資家はそうした鈍化に注目し過ぎていると指摘。より重要な のは、ツイッターは予想を上回るペースで広告事業を構築しつつあり、 収入がフェイスブックの水準に達する可能性があるということだと述べ た。

同氏はインタビューで、「商品の拡充や海外での成長を考慮すれ ば、ユーザー数の伸びがここからさらに加速する可能性は非常に高い」 と指摘。そうした見方をするなら、「バリュエーション(株価評価)が 現在の水準から大きく低下するとは考えにくい」と述べた。

原題:Twitter Gains After Nomura Upgrades to Buy on Growth Curve (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE