LME銅:11週間ぶり高値-世界的な株高で景気に楽観的見方

28日のロンドン金属取引所 (LME)で銅相場は約11週間ぶりの高値に上昇。世界的な株高の流れ が明るい経済成長見通しを示唆しているとの観測が広がった。

S&P500種株価指数は28日、ほぼ変わらずで推移したが、前日は 過去最高値を付けていた。4月の米耐久財受注が予想に反して3カ月連 続の増加となったほか、中国の工業利益も増えた。

アバ・キャピタル・マーケッツ(ダブリン)のチーフマーケットア ナリスト、ナイーム・アスラム氏は電子メールで、「トレーダーは成長 見通しに楽観的だ。最近の銅相場の上昇は明らかに株式相場から波及し たものだ」と指摘した。

LMEの銅相場(3カ月物)は前日比0.1%高の1トン=6944ドル で終了。一時は6970ドルと、3月7日以来の高値を付けた。

ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物7月限終値は0.1%安の1ポンド=3.1735ドル。

原題:Copper Climbs to 11-Week High Amid Advancing Global Equities(抜粋)

--取材協力:Alex Davis、Jae Hur.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE