コンテンツにスキップする

NY金:続落、15週ぶり安値-ロシアがウクライナ大統領選尊重

ニューヨーク金先物相場は続落。15 週間ぶりの安値を付けた。ロシアがウクライナ大統領選挙の結果を尊重 する意向を示していることが背景。

欧州連合(EU)首脳はロシアへの追加制裁の決定を見送った。ロ シアのプーチン大統領がウクライナの新指導者に協力する意向を示して いるためだ。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.5%安の1オンス=1259.70ドルで終了。一時は1256.10 ドルと、中心限月としては2月7日以来の安値となった。米経済成長の 兆しと株価上昇を受けて、金は3月半ばから9.5%下落している。

原題:Palladium Reaches Highest Since 2011 as Gold Sags to 15-Week Low(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE