コンテンツにスキップする

ウクライナ、ドネツク上空での哨戒活動を強化-再衝突の恐れ

ウクライナ政府は東部ドネツク上空 での哨戒活動を強化した。交戦で数十人の死者が出た同市では、対空砲 を配備した親ロシア派の武装勢力が全域に展開しており、再び衝突が起 きる恐れが出ている。

人口100万人を抱えるドネツクでは銃声が響き、ルキヤンチェンコ 市長は中心部の住民に対し外出を避け、家の中でも窓から離れて過ごす よう呼び掛けた。市長の報道官マクシム・ロビンスキー氏は電話取材に 対し、武装勢力の車列には装甲兵員輸送車も2台含まれていたと述べ た。

アバコフ内相は前日、ウクライナ軍が反政府派「数十人」を殺害 し、一方的に独立が宣言された「ドネツク人民共和国」の主要空港を奪 還したと語った。25日にウクライナの次期大統領に選出されたペトロ・ ポロシェンコ氏は、反政府勢力を一掃し、秩序を回復させると表明して いる。

ポロシェンコ氏はドイツ紙ビルトとのインタビューで、「ロシアの 目的はウクライナの安定を阻害することで、ロシアの要求を全て受け入 れさせることだった。この狙いは今も変わらない」とし、「プーチン大 統領が直接的な影響力を行使し、戦闘を終わらせることができると私は 確信している」と続けた。

原題:Ukrainian Jets Circle Donetsk as Rebels Regroup After Rout (2)(抜粋)

--取材協力:Kateryna Choursina、Olga Tanas、Volodymyr Verbyany、Terry Atlas、Ewa Krukowska、James G. Neuger、Ott Ummelas、Leon Mangasarian、Ryan Chilcote、Elizabeth Konstantinova、Scott Rose.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE