コンテンツにスキップする

「天国への階段」盗作疑惑は「お笑い草」-ジミー・ペイジ

英国のロックバンド「レッド・ツ ェッペリン」の「天国への階段」(1971年)のイントロ盗作疑惑をめぐ るブルームバーグ・ビジネスウィーク誌の記事に対し、ツェッペリン側 からのコメントは得られていない。最初の3枚のアルバムのリマスタリ ング版再リリースを6月3日に控え、パブリシティ活動に忙しいジミ ー・ペイジ本人に、フランスのリベラシオン紙は直接疑問をぶつけた。

ギローム・ティオン記者はインタビューで、「『スピリット』とい う米国のバンドが自分たちの曲が天国への階段に盗用されたと主張して いるが」と話を切り出した。

これに対してペイジは「とんだお笑い草だ。他に言葉はない」と一 蹴した。

スピリットのデビューアルバムに収録された「トーラス」(68年) が「天国への階段」のイントロに似ているとして、作曲したギタリスト (97年死去)の著作権管財人の弁護士は著作権侵害の訴訟を準備してい ると述べていた。現時点では訴訟は起こされていない。

リベラシオン紙のインタビューで、ツェッペリンにとってどの曲が 最もレコーディングに苦労したかと問われ、ペイジは「天国への階段」 だと回答。加速するテンポを理由に挙げた上で、「優れたミュージシャ ンに乗り越えられないほどの困難ではなかった」と笑いながら語った。

原題:Jimmy Page Says Stairway to Heaven Ripoff Claim Is “Ridiculous"(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE