コンテンツにスキップする

ゴールドマン:「異常」な取引環境、低ボラティリティで

米ゴールドマン・サックス・グルー プのゲーリー・コーン社長は、低いボラティリティや小幅なレンジの動 きに抑えられた金利が「異常な」取引環境をもたらしていると述べた。

コーン氏は28日、ニューヨークで開かれた投資家会議で「すべての 金融機関にとって、目下の環境はなかなか厳しい」と発言。「われわれ のビジネスを活発にするものはボラティリティだ。市場が動かないなら ば、顧客が取引を行う必要はなくなる」と話した。

米シティグループのジョン・ガースパッチ最高財務責任者 (CFO)は27日、4-6月(第2四半期)のトレーディング収入は前 年同期比で最大25%減少する可能性があると指摘。米JPモルガン・チ ェースは20%減収との予想を今月示している。コーン氏はゴールドマン の収入予想には言及しなかった。

コーン氏は顧客の取引が減少している原因について、「結局は経済 的次第だと考える」とし、「経済成長あるいは成長の欠如に関する見通 しがはっきりしない」と続けた。

低金利や米連邦公開市場委員会(FOMC)の量的緩和プログラム が低ボラティリティを招いていると、コーン氏は述べた。

原題:Goldman’s Cohn Says Inactive Trading Environment Is ‘Abnormal’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE