コンテンツにスキップする

【今日のチャート】欧州議会選よりECB政策委-ユーロ相場

欧州懐疑派の政党が欧州議会選挙で 躍進したものの、ユーロ相場にはほとんど影響を与えていない。

今日のチャートは、議会選の結果が25日に発表された後の2日間の ユーロの変動範囲を示した。6カ月平均よりも狭いレンジでの取引とな っており、市場にとっては政治よりも欧州中央銀行(ECB)の金融政 策の方が重要であることを示唆している。ECBは次の政策委員会を6 月5日に開く。

シティグループで欧州G10通貨戦略責任者を務めるバレンティン・ マリノフ氏(ロンドン在勤)は27日、「選挙結果ではなくECBが来週 何をするかだ。それがユーロ相場を動かす」と指摘。「さらなるユーロ 売りを正当化するためにECBが何をするかを人々は見守っている。議 会選の結果は、一段の改革にはある程度の困難が待ち受けているかもし れないが、欧州統合の方向が定着していることを意味している」と述べ た。

原題:Euro Ignores Skeptic Gains to Focus on Draghi: Chart of the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE