コンテンツにスキップする

ホンダが現代自に首位譲る-UCSの環境に優しいランキング

韓国のヒュンダイモーターカンパニ ー(現代自動車)が米国でホンダに代わり最も環境に優しい自動車メー カーと評価された。ランキングを27日に発表した非営利団体「憂慮する 科学者同盟(UCS)」は、現代自のエンジン小型化やハイブリッド車 への取り組みといった排ガス対策技術をその理由に挙げた。

ランキングによれば、2社に続きトヨタ自動車と日産自動車、ドイ ツのフォルクスワーゲン(VW)がトップ5入りを果たした。フォー ド・モーター、ゼネラル・モーターズ、クライスラー・グループの米国 勢は下位に甘んじた。

全体的にはこれら8社全てが温室効果ガスの排出を削減。2000年か らの6回の報告で初めてのことだという。このランキングは米テスラ・ モーターズなど中小のメーカーは対象になっていない。

起亜自動車を傘下に置く現代自は、燃費効率化に向けたグループ内 での「協調した取り組み」が評価された。「ホンダが首位奪還を望むな ら、イノベーション(技術革新)を強化する必要がある」としている。

原題:Hyundai Unseats Honda for Title of Greenest Automaker in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE