コンテンツにスキップする

ロンドンの知られたくない秘密-大気汚染、北京同様に深刻

ロンドンには知られたくない秘密が ある。

ロンドン中心部のモニター装置で計測される大気汚染物質の二酸化 窒素(NO2)の濃度は欧州で最も高く、北京を上回っている。

これは予期せぬ結果だ。欧州連合(EU)は気候変動を抑制する取 り組みを進める中で、ガソリンより二酸化炭素(CO2)の排出量が少 ないディーゼル燃料の利用を促進した。しかし、ディーゼル燃料に汚染 物質が含まれているため、ロンドン中心部に乗り入れる車両からの通行 料徴収や自転車レンタルプログラムの普及、公共交通機関網の整備など に伴う効果が薄れている。

ロンドンの非営利団体(NPO)クリーン・エアを創設したサイモ ン・バーケット氏は「歴代政権はディーゼル燃料が汚染物質を生み出す ことを10年以上前に認識していた」と指摘。「これらの物質は大気汚染 の観点から見て致命的と言っても過言ではない。市民の健康に大きな打 撃を与える」と語る。

英公衆衛生局が4月に発表したところによると、ロンドンでは微小 粒子状物質「PM2.5」による死者が2010年に3389人に上った可能性が 高い。PM2.5はNO2同様にディーゼル燃料が燃焼する際に発生す る。エディンバラ大学のジェレミー・ラングリッシュ臨床講師は、汚染 物質は混在した状態で発見されるため死因をNO2のみに特定するのは 困難だと説明している。

原題:London’s Dirty Secret Pollutes Like Beijing Airpocalypse: Cities(抜粋)

--取材協力:Feifei Shen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE