コンテンツにスキップする

韓国南部の高齢者用病院火災、認知症患者が放火か-21人死亡

韓国南部の高齢者向け療養施設で28 日未明に起きた火災で、捜査当局は81歳の認知症患者1人を放火の疑い で取り調べている。施設の監視カメラ映像を基に、警察官1人が電話取 材で明らかにした。同国では相次ぐ事故発生を受け、安全管理をめぐる 懸念が強まっている。

火災が発生したのはソウルの南方約280キロにある全羅南道長城郡 の病院。安全行政省のウェブサイトによると、現地時間午前0時27分 (日本時間同じ)に出火し、30分ほどで鎮火した。この火災で21人が死 亡、8人が負傷した。当局者によれば、犠牲者の大半は70-80代の高齢 者だった。

朴槿恵大統領は死者・行方不明者300人余りを出した先月の旅客船 沈没事故を受け、国内の安全管理体制を見直すと表明している。警察・ 消防当局者によれば、ソウルではこの日、地下鉄で放火が原因とみられ る火災が発生、1人が軽傷を負い、370人が避難した。

原題:Arson Suspected in South Korea Nursing Home Fire That Killed 21(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE