コンテンツにスキップする

FRBはポーカープレーヤーのよう-手読めないとメットライフ

米連邦準備制度理事会(FRB)が 規制当局として保険業界の監督強化に向けた手法の検討を進める中、米 生保最大手メットライフはFRBの手の内を予想する上で苦戦を強いら れている。

同社のジョン・ヘレ最高財務責任者(CFO)は27日、ドイツ銀行 主催の会合で、「資本に関する規則がどうなるかが最も回答しづらい質 問だ」と表明。「当局者らがこれについてどう考えているのかまだ把握 できずにいる」と語った。

仮にメットライフが金融システム全体にとって重要な金融機関 (SIFI)に認定された場合、適用される可能性がある規則が不透明 なことから、同社は2008年以降、自社株買い戻しを打ち出していない。

スティーブン・カンダリアン最高経営責任者(CEO)はメットラ イフについて、一段と厳格な規制監督下に置かれるSIFI認定の対象 ではないと主張。投資家宛ての3月の書簡では、規制の明確化に「予想 以上に」時間がかかっていると指摘した。

ヘレCFOは27日の会合で「FRBは話を聞き、うなずき、多くの 質問をするが、どのような行動を取るか予測が難しい」と述べるととも に、「あまり反応を示さないという点では、ポーカーゲームの偉大なプ レーヤーと言える」と論評した。

保険会社では、アメリカン・インターナショナル・グループ (AIG)とプルデンシャル・ファイナンシャルが、ルー米財務長官を 議長とする金融安定監視評議会(FSOC)によってノンバンクの SIFIに認定されている。

原題:Yellen’s Fed Likened to Poker Player as MetLife Can’t Read Hand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE