コンテンツにスキップする

中国の不動産業界の「黄金時代」は終わった-万科企業社長

中国最大の不動産開発会社、万科企 業の郁亮社長は、国内不動産業界の「黄金時代」は過ぎたとして、同社 が投資家ではなく実際にその物件に住む人向けの住宅開発に焦点を絞っ ていると述べた。

郁社長は26日、広州省東莞市で記者団に対し、「誰もが不動産で儲 けていた時代は終わった」と指摘。「万科企業は減速に対して慎重なが らも楽観的なアプローチを取り、自分用に住宅を必要とする買い手に照 準を定める」と述べた。

中国の不動産開発業者が逆風にされていることは、3月に浙江興潤 置業投資が破綻したことで浮き彫りになった。米格付け会社ムーディー ズ・インベスターズ・サービスは先週、中国の不動産開発業者のクレジ ット見通しを「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」 に引き下げた。

住宅販売の前年比伸び率は今後1年の間に、最高でも5%程度にま で低下し、昨年の27%を下回るとムーディーズは予想。一方、郁社長は 中国市場は依然として十分に大きく、万科企業が今後10年間も引き続き 住宅用不動産を主力事業として位置付ける方針だと述べた。

同社は一括購入に対する値引きなど販売促進を行っているが、郁社 長は「過去のように値引きで全ての問題が解決するということはないだ ろう。一部の高級住宅の販売の助けにはならないからだ」と語った。不 動産情報を提供する中国の克而瑞信息集団(CRIC)によると、万科 企業や緑城中国(グリーンタウン・チャイナ・ホールディングス)など の不動産開発業者は、住宅購入者を引き付けるため、3月から不動産価 格を下げている。

原題:China’s ‘Golden Era’ for Property Over, Vanke President Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE