ロシアのスイス向けパラジウム輸出、11カ月ぶり高水準

ロシアのスイス向けパラジウム輸出 が4月に11カ月ぶりの高水準に達した。この1カ月前には、世界最大の 供給国であるロシアがクリミアを併合し、欧米諸国はロシアに対する制 裁を強化する構えを示唆した。

スイス税関当局が27日に送付したデータによると、同国のロシアか らのパラジウム輸入は4月に2158キログラム(2.2トン)と、2013年5 月以来の高水準に達した。3月は201キロだった。SPエンジェル・コ ーポレート・ファイナンス(ロンドン)のアナリスト、ジョン・マイヤ ー氏によると、ロシアからの輸出は引き続き増加する見込み。

マイヤー氏は27日の電話インタビューで「ロシアからの輸出が増加 したのは制裁強化の可能性が予想されているためだ」と指摘。「実需家 だけでなく投資家も皆、制裁の可能性を先取りしようと躍起になってい る。制裁が強化される可能性は依然としてある」と述べた。

ブルームバーグのデータによると、ロンドン市場のパラジウム現物 価格は年初来で16%上昇している。

原題:Russian Palladium Flows to Switzerland Jump on Sanction Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE