コンテンツにスキップする

中国の香港からの金輸入、4月は減少-投資需要後退の兆し

世界最大の金消費国である中国の香 港からの金輸入が4月に減少した。中国の金の投資需要が後退する兆し が示されている。

香港の統計当局が27日発表したデータを基にしたブルームバーグ・ ニュースの算出によると、4月の中国本土の香港からの金の純輸入 は65.4トンと、3月の80.6トン、前年同月の75.9トンから減少した。同 当局が発表した別の資料によると、中国から香港への金輸出は4月 に15.4トンと、3月の25.3トンから減った。

中国の需要後退は金相場にとって下押し圧力となる可能性がある。 同国は昨年、インドを抜き世界最大の金消費国となった。

原題:China’s April Gold Imports Drop Amid Lower Investment Demand(抜粋)

--取材協力:Alfred Cang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE