コンテンツにスキップする

米アトランタ連銀総裁:最初の利上げは15年後半になる可能性強い

  米アトランタ連銀のロックハー ト総裁は27日、政策当局者が利上げに辛抱強くなることが可能で、最初 の利上げが2015年後半になる可能性が強いと述べた。ルイジアナ州バト ンルージュのルイジアナ州立大学で講演した。 *労働市場にたるみがあり、インフレ率がFRBの目標を下回っている ことで利上げに辛抱強くなることができ、しばらくの間金融緩和の継続 が正当化される:同総裁 *資産購入の段階的縮小は引き続き適切だ。緩和縮小は昨年12月以来の ペースで続くと予想する。その結果、量的緩和プログラムは10-12月期 に終了するだろう:同総裁 *同総裁は今後数四半期は約3%成長となり、失業を押し下げ、労働市 場が着実に改善されるとの見通し示す *インフレ率が中期的に2%の目標に近づくと予想

原題:Lockhart Sees Fed Raising Main Interest Rate in Second Half 2015(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE