コンテンツにスキップする

米大統領:アフガンから2016年末までに全面撤退の方針

オバマ米大統領は27日、今後2年間 でアフガニスタンの駐留米軍をほぼゼロとする方針を明らかにした。

同大統領によると、米軍は今年戦闘任務を終え、駐留米軍はアフガ ンの部隊の訓練支援や対テロ作戦の実行に必要な9800人に削減2015年に はさらに半減し、16年末までに米軍は大使館の警備に必要な部隊だけと なる。

オバマ氏はホワイトハウスで声明を発表し、「この10年余りわが国 の外交政策はアフガニスタンとイラクが大きな比重を占めてきたが、新 たなページをめくる時が来た」と表明。米国はアフガン撤退で、「世界 中のより幅広い優先事項に対処しながら、変わりゆくテロの脅威に一段 と迅速に対応することができる」と説明した。

米軍撤退が日程通り進むかどうかは、米、アフガン両政府の間で年 末に駐留米軍の法的地位をめぐり合意が成立することにかかっている。 撤退によって01年9月11日の同時多発テロ後に始まった米史上最長の戦 争が終結する。

イラク撤退とアフガニスタンでの戦争終結を大統領選の公約に掲げ たオバマ氏は、「米国人は戦争を始めるより終わらせる方が難しいこと を学んだ」と指摘。「アフガニスタンは理想的な場所にならないかもし れないが、そうするのは米国の責任ではないことをわれわれは認識する 必要がある」と言明した。

原題:Obama Says U.S. Will Complete Afghanistan Withdrawal by 2016 (2)(抜粋)

--取材協力:Lisa Lerer、Tony Capaccio、Julianna Goldman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE