コンテンツにスキップする

ゴールドマン傘下メトロの共同創業者の企業、LME認可取得

米ゴールドマン・サックス・グルー プ傘下の金属倉庫運営会社、メトロ・インターナショナル・トレード・ サービシズの元共同オーナー、ビル・ウィーラン氏が創業したウィーラ ン・メタルズが、ロンドン金属取引所(LME)から工業用金属を保管 する認可を取得した。

LMEの27日の会員宛て通知によると、ウィーラン・メタルズ初の LME指定倉庫はデトロイトに設置され、アルミニウムや北米のアルミ 合金、ニッケル、鉛、亜鉛を保管する予定。ウィーラン・メタルズは、 自動車部品倉庫運営とブローカー業務を手掛けるW・F・ウィーランの 一部門。ウィーラン氏は1991年にエド・シュラック氏と共にメトロを創 業した。

ゴールドマンは先週、メトロの売却プロセスに入っていることを明 らかにした。エネルギー取引会社のマーキュリア・エナジー・トレーデ ィングとガンバー・グループが商品事業を拡充する一方、JPモルガ ン・チェースやモルガン・スタンレーは同事業を縮小している。米連邦 準備制度理事会(FRB)は、現物商品の取引と倉庫運営で新たな規制 を検討する方針を示している。

ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ロビン・バー氏(ロンドン在 勤)は、「特に米国での規制面の不透明感から、ウィーランのような金 融業界以外の規制が緩いか規制されていない企業による倉庫運営業への 参入が進むだろう。倉庫運営業への参入を目指す企業は常に存在する」 と指摘した。

原題:Goldman’s Metro Unit Co-Founder Gets LME Approval for Metals (2)(抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE