米BOA株、約1年ぶり大幅上昇-FRBに資本計画を再提出

27日の米株式市場で、米銀バンク・ オブ・アメリカ(BOA)の株価が約1年ぶりの大幅上昇となった。同 行は資本計画を米連邦準備制度理事会(FRB)にあらためて提出し た。

ニューヨーク時間午前11時46分(日本時間28日午前0時46分)現 在、BOAの株価は前営業日比3.6%高の15.25ドル。KBW銀行指数の 構成銘柄で最高の上昇率となっている。一時、4%高まで上昇した。同 行は27日の当局への届出書で、新たな資本計画をFRBに送付したと報 告。同行の株価は年初から先週末までに5.5%下落していた。

BOAは先月、ストレステスト(健全性審査)のためにFRBに提 出した資本計画に誤りがあったとして、増配と40億ドル(約4080億円) の自社株買いをいったん取りやめていた。同行は当初、四半期配当を1 セントから5セントに引き上げるとしていたが、修正後の計画では当初 の計画より配当が少なくなると説明していた。同行は今回、どの程度の 配当を目指しているのか明らかにしていない。

NABリサーチの創業者で銀行アナリストのナンシー・ブッシュ氏 は「BOAは今年のある時点で増配を実現させると受け止められてい る」と指摘。一部の投資家は同行が年内、ましてやすぐに資本計画を再 提出することを確信していなかったと述べた。

BOAによると、FRBは75日以内に新たな計画を審査する。

原題:Bank of America Adds Most in Year After Revising Payout Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE