コンテンツにスキップする

マカリー氏がPIMCOに復帰へ-チーフエコノミストに

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)は、かつて同社で資産運用を担当して いたポール・マカリー氏が復帰すると発表した。新設されたチーフエコ ノミストに就任する。同氏は2010年にPIMCOを退社し、シンクタン クに移籍していた。

PIMCOの発表文によれば、マカリー氏は同社の投資委員会のメ ンバーとなり、直属の上司はビル・グロース最高投資責任者 (CFO)。新たに就任する役職では資産運用は行わないとしている。

グロース氏はこの日の発表文で、「マカリー氏はかつて当社に在籍 していた当時、世界的な金融危機につながった経済のダイナミクスを予 測し、理解する上で重要な役割を果たした」と評価し、「PIMCOは 『ニューニュートラル』における機会を見極め、利益獲得を目指してお り、当社の顧客はマカリー氏の深い知識の恩恵を受けることになる」と 続けた。

原題:Pimco’s McCulley to Return for New Role as Chief Economist (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE