スペイン:経済危機を脱した今は税制改革が鍵-IMF

スペイン経済が危機を脱した今、同 国の税制改革は長期的な回復を築く上で非常に重要になると、国際通貨 基金(IMF)が指摘した。スペイン政府は来月、税制改革案を提出す る見通しだ。

IMFは協定第4条に基づくスペインとの協議終了後に声明を発 表。それによると、スペイン政府は間接歳入を増やし、技術の低い労働 者を雇用している企業に対しては社会保障への拠出分を削減する必要が ある。さらに、法人税率を徐々に引き下げ、所得税の裾野を拡大するべ きだという。

対スペイン協議の責任者、ジェームズ・ダニエル氏は27日のマドリ ードでの記者会見で、「スペインの赤字は大規模であり、これを永遠に 続けることなどできない」と述べ、「成長と雇用のために最適な形で歳 入を増やす必要がある」と指摘した。

原題:IMF Says Spain Tax Overhaul Key After Economy Turned Corner (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE