コンテンツにスキップする

独財務相がユーロ安圧力に警鐘、「ECBは隠れみのではない

ドイツのショイブレ財務相はユーロ 安を求めて圧力をかけないようよう域内諸国に警告、欧州中央銀行 (ECB)を「隠れみのにしてはならない」と政治家らに促した。

ショイブレ財務相は27日、「ECBがあまりにも多くの解決すべき 問題を抱えている現在、その独立性とその責務の限界はあって当然のも のだ」とベルリンで発言。「金融政策にとって異例の状況だ。異例であ り続けるべきであり、近く終了するのが望ましい」と述べた。

流動性拡大と与信改善を目的とした世界の中央銀行の政策によっ て、新たな金融バブルおよび究極的には新たな危機のリスクが高まった と、同財務相は指摘。今は過剰流動性のせいで投資家が「無責任かつ無 謀な」決断をするリスクは高いと続けた。

ショイブレ氏は「最も弱い通貨を目指した競争は悲惨な結果にな る」と言明。

「われわれ欧州は努力を続けなくてはならない。最も重要なこと は、われわれが金融政策を隠れみのにしないよう留意することだ」と指 摘。「金融政策は改革の代わりにはならない」とし、「金融政策は政治 家の改革実行への意思を弱める危険性がある」と話した。

原題:Germany’s Schaeuble Warns Against Pressure on ECB to Weaken Euro(抜粋)

--取材協力:Jurjen van de Pol、Mark Deen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE