EU:整理基金の銀行積立金、債務とリスクに基づく徴収を検討

欧州連合(EU)の行政執行機関で ある欧州委員会は、単一破綻処理メカニズム(SRM)の柱となる550 億ユーロ(約7兆6600億円)規模の整理基金について、債務とリスクに 基づいて銀行負担を求めることを検討している。

ブルームバーグ・ニュースが入手した欧州委の13日付の文書には、 国が保証する預金を除く債務の大きさを2016年以降の積立金を決める主 な積算根拠とする考えが盛り込まれており、さらに銀行のバランスシー ト上のリスクに応じて積立金の調整を行うとしている。

原題:EU Weighs Bank Crisis Fund Levies Based on Liabilities and Risk(抜粋)

--取材協力:Birgit Jennen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE