コンテンツにスキップする

EU首脳、欧州議会選結果受け緊縮策の見直し急務-27日夕食会

欧州議会選挙で反欧州連合(EU) を掲げる政党が前例のない躍進を見せたのを受け、EU首脳は緊縮策へ の有権者の反発をユーロ圏全体の財政政策の緩和推進に導こうとしてい る。

欧州議会選挙で勝利したレンツィ伊首相と敗北したオランド仏大統 領は共に今回の選挙結果を、債務危機以降域内で実施されてきたドイツ 提唱の財政緊縮モデルの見直しを強く求める好機と捉えた。

オランド大統領は26日遅くのテレビ演説で「欧州はユーロ危機を克 服したが、どんな犠牲を払っただろうか」と述べ、「欧州の最優先課題 は成長と雇用、投資だ」と強調した。オランド大統領率いる社会党は欧 州議会選で反ユーロと移民排斥を訴える国民戦線に敗北した。

欧州議会選の結果を受け、27日にブリュッセルで開かれるEU首脳 の夕食会を前に、域内では財政規律の規則緩和に向けた機運が高まって いる。ユーロ圏の脆弱(ぜいじゃく)な政治的安定が危機にさらされる 中、首脳は反緊縮派の台頭を阻止するため、公共支出をさらに容認する 必要性が増したとして主張を強めている。

レンツィ首相は26日にローマで記者団に対し、「われわれは欧州が ここ数年に取ったアプローチの変更を求めている」と述べた。

原題:EU Austerity Rethink Demanded as Leaders Meet After Protest Vote(抜粋)

--取材協力:Ben Sills、Marcus Bensasson、James G. Neuger、Andrew Frye、Lorenzo Totaro、Gregory Viscusi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE