コンテンツにスキップする

中国人民元、4月末以来の安値-人民銀総裁の発言で懸念増大

中国人民元は27日、ドルに対して4 月末以来の安値となった。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が国 内経済についてめったにない「複雑」な状況にあると指摘し、成長の回 復が遅れるとの懸念が高まった。

周総裁は今週、浙江省嘉興市の人民銀支店を訪れた際に、同中銀は 穏健(慎重)な金融政策を実施し、金融の安定を確実にする必要がある との認識を示した。人民銀は27日、元の中心レートを0.02%元高方向の 1ドル=6.1687元に設定した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.15%安の6.2486元と、4月30日以来の安値で引けた。

ブルームバーグの集計データによれば、香港のオフショア市場で元 は前日比0.17%安の6.2477元。1年物ノンデリバラブル・フォワード( NDF)は0.07%安の6.2595元。

原題:Yuan Drops to 3-Week Low as Zhou Comment Fuels Growth Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE