米ファイザー、11兆9000億円での英アストラゼネカ買収を断念

米医薬品最大手のファイザーは英ア ストラゼネカの買収を当面、断念した。ファイザーが提示していた694 億ポンド(約11兆9000億円)での買収案が受け入れられれば、医薬品業 界で史上最大規模の企業買収となるところだった。

ファイザーは26日の発表文で、提示済みの案はアストラゼネカの価 値を100%反映したものだったと説明した。英国の企業買収規則に基づ き、同社はロンドン時間26日の午後5時までに最終提案を示さなければ ならなかった。

英政府の規定により、両社は今後少なくとも3カ月間の冷却期間が 過ぎるまで、交渉を再開できない。ファイザーはアストラゼネカの株主 がこの時間を使って、交渉の席に復帰するよう取締役会に圧力をかける ことを期待している。一方のアストラゼネカはファイザーからの攻勢を かわすため、増収につながる他社買収を模索する可能性がある。

バークレイズのアナリスト、マーク・パーセル氏は顧客向けリポー トで、「アストラゼネカ買収の可能性は低下したが、完全に消え去った わけではない」と分析した。

アストラゼネカ取締役会はファイザーから提示された1株当たり55 ポンドの最新買収案を受け入れなかった。3カ月間の冷却期間後に両社 が交渉を再開するには、アストラゼネカの方から協議を申し入れなくて はならない。申し入れがない場合、ファイザーが新たな買収案を提示す るには6カ月待つ必要がある。

原題:Pfizer Abandons AstraZeneca Takeover Offer After Rejections(抜粋)

--取材協力:David Welch、Albertina Torsoli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE