コンテンツにスキップする

欧州株(終了):08年1月以来の高値、イタリアの銀行が主導

26日の欧州株式相場は上昇し、2008 年1月以来の高値となった。欧州議会選挙でレンツィ首相の与党民主党 の優位が確実になったことを好感し、イタリアの銀行株が買われた。

欧州の銀行株の指数はストックス欧州600指数の中で2番目に好 調。ウニクレディトなどイタリアの銀行株がけん引した。フランスのコ ンピューターサービス会社アトスは11年11月以来の大幅高。同業ブルへ の買収提案が買い材料になった。

ストックス欧州600指数4営業日続伸し、前週末比0.6%高の343.69 で終了。2月4日に付けた今年の安値からは8.2%上昇。

コンパス・キャピタル(チューリヒ)のベネディクト・ゲーテ最高 経営責任者(CEO)は「レンツィ首相への信認が確認されたことは、 欧州中央銀行(ECB)の政策委員会を来週に控えてイタリア資産への 信頼を高めた」と述べた。「ECBが6月5日に景気刺激措置を発表す るとの期待を背景に欧州株は上昇している」と付け加えた。

原題:Europe Stocks Rise as Italian Banks Surge on Renzi Poll Victory(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE