コンテンツにスキップする

欧州債(終了):イタリアとスペイン債上昇、選挙やECBで

26日の欧州債市場ではイタリア国債 が続伸。欧州議会選挙でレンツィ首相の与党民主党の優位が確実となっ たことがイタリア債の買いを促した。

欧州中央銀行(ECB)が景気刺激策を強化するとの期待を背景 に、スペイン債も買われた。欧州議会選挙ではギリシャとアイルラン ド、ポルトガルでは反欧州連合(EU)を掲げる政党が躍進したもの の、これら諸国の国債相場も上昇した。ドイツ債はほぼ変わらず。市場 調査会社GfKによると、ドイツの6月の消費者信頼感指数は2007年以 来の最高を維持する。ドラギECB総裁はこの日ポルトガルで、当局は 低インフレを「特に警戒」する必要があると発言した。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏 は、「金曜の流れを引き継いで周辺国債が上昇した」と指摘。「欧州議 会選挙のニュースは目を引いたがひどい驚きというほどではなかった。 市場は来週のECB政策委員会に注目しており、今後数日の相場は ECBをめぐる材料に左右される公算だ」と語った。

ロンドン時間午後4時45分現在、イタリア10年債利回りは前週末 比17ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.99%。一時 は15日以来の低水準の2.98%となった。同国債(表面利率4.5%、2024 年3月償還)価格は、1.465上げ112.905。同年限のスペイン国債利回り は9bp低下し2.90%。こちらも一時、15日以来で最低の2.89%となっ た。

国営放送のRAIニュース24の出口調査によれば、イタリアのレン ツィ首相率いる与党民主党の得票率は41%、ベッペ・グリッロ氏が主導 する「五つ星運動」は21.1%だった。

ドイツ10年債利回りはほぼ変わらずの1.42%。GfKによると6月 の独消費者信頼感指数は5月と同水準の8.5。

原題:Italian Bonds Rally With Spain’s on European Polls, ECB Stimulus(抜粋)

--取材協力:Lucy Meakin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE