コンテンツにスキップする

香港株:ハンセン指数、小幅反落-消費関連や工業株は上昇

香港株式市場では薄商いの中、ハン セン指数が小幅に反落した。ただ同指数構成銘柄では値上がり数が値下 がり数を上回った。消費関連や工業株が買われた。

医薬品メーカーの石薬集団(1093 HK)は6.8%高。先週発表した1 -3月(第1四半期)の増益決算が好感された。自動車部品製造の敏実 集団(425 HK)は5.5%高。中国の習近平国家主席が新エネルギー車の 開発を促したとの新華社の報道が材料視された。

英SABミラーと提携してビールを製造している華潤創業(291 HK)は減益が嫌気されて4%安。

ハンセン指数は前週末比2.68ポイント安の22963.18。一時は0.5% 上昇し、その後0.3%安まで下げたが、結局はほぼ変わらずで引けた。 ハンセン中国企業株(H株)指数は0.1%高の10126.48。

CMCマーケッツのストラテジスト、デズモンド・チュア氏(シン ガポール在勤)は電話取材に対し、「ハンセン指数は23000近辺でもた ついており、短期的な調整局面かもしれない」と指摘。「香港は依然、 最も割安な市場の一つだが、今月はこれまでに既に反発していた」と述 べた。

原題:Most Hong Kong Stocks Rise on Low Volume After Two Weekly Gains(抜粋)

--取材協力:Anna Kitanaka.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE