コンテンツにスキップする

コカイン関連の資金洗浄容疑で金取引会社を捜査-コロンビア

コロンビア政府は、同国の複数の金 取引会社と米マイアミにある精錬会社がコカイン関連のマネーロンダリ ング(資金洗浄)に関与した疑いがあるとして捜査している。

コロンビアの検察当局が2011年に着手した捜査に加わっている麻薬 取締局(DIAN)のフアン・リカルド・オルテガ氏によると、過去2 年間に最大33億ドル(約3400億円)相当の金が、ベネズエラやパナマ、 メキシコ、チリなどの国々からコロンビアに密輸入された。密輸された 金はCIゴールデックスなどの取引会社を通じて米国とスイスに輸送さ れ、麻薬を売って得た資金を使って割高な価格で買い取られている疑い があるという。ゴールデックスは不正行為への関与を否定している。

オルテガ氏は19日、護衛を伴って訪れたボゴタのレストランでイン タビューに応じ「これは資金洗浄であり、ドルを持ち帰る一つの方法 だ」と指摘。DIANと米麻薬取締局が捜査に協力していることを明ら かにした。

コロンビア政府の金融情報機関は、資金洗浄の総額が年間約110億 ドルに達すると推計している。

原題:Gold Trading Firms Probed in Colombian Cocaine Laundering Case(抜粋)

--取材協力:Matthew Bristow.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE