日本政府:戦闘機の異常接近で中国に厳重抗議-「誠に遺憾」と菅氏

日本と中国の防空識別圏が重なる東 シナ海上空で中国軍の戦闘機が自衛隊機2機に相次いで異常接近した問 題で、日本政府は中国側に外交ルートを通じて「厳重な抗議」を行っ た。菅義偉官房長官が26日午前の記者会見で明らかにした。菅氏は中国 軍機の行動は「誠に遺憾」と非難した。

菅官房長官は26日午前の記者会見で「偶発的な事故につながりかね ない極めて危険な行為」と述べた。中国国防省が自衛隊機による中国と ロシアの合同軍事演習への妨害があったと指摘していることに対して は、「異常接近されたのは中ロの演習区域外。合同演習を妨害するよう な危険な行為を行ったという事実は一切、ない」と反論した。

小野寺五典防衛相は25日、臨時会見を開き、中国軍機の接近距離は 約30メートルから約50メートルで、中国軍の戦闘機はミサイルを搭載し ていたことを明らかにした。自衛隊機は通常の警戒監視任務で飛行して いたという。

防衛省のウェブサイトによると、24日午前11時ごろと正午ごろ、自 衛隊機が中国軍の戦闘機から異常な接近を受けた。領空侵犯は発生して おらず、自衛隊機や隊員に被害はないという。

これに対し、中国国防省はウェブサイトに載せた声明で、日本は中 ロの合同演習を妨害すべきではないと非難。航空禁止の通知は事前に出 していたと主張した。

--取材協力:Lily Nonomiya.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE