コンテンツにスキップする

ロンドンの金値決めの代替指標、検討の用意-ランドゴールド

ロンドンでの金の値決めによって設 定された指標価格を18年間にわたって利用している産金会社ランドゴー ルド・リソーシズは、代替となる指標価格を採用する可能性について検 討の用意があるとの姿勢を示した。

チャンネル諸島を拠点としアフリカで鉱山を運営するランドゴール ドのマーク・ブリストー最高経営責任者(CEO)は25日、コンゴ(旧 ザイール)のキバリからの電話インタビューで「何事も点検するのは悪 いことではない。金の値決めの長所は、市場を考慮に入れている点だ。 理にかなったプロセスだ」と語る。

英金融行動監視機構(FCA)は23日、英バークレイズのトレーダ ーの1人が2年前に金の値決めプロセスに影響を及ぼそうとしたことを 理由に、同行に2600万ポンド(約45億円)の制裁金を科した。金の値決 めは、ロンドン金融街のセントスウィジンレーンでディーラー5社の代 表が会合を開いた1919年以降、行われている。

ブリストーCEOは、ロンドンでの金の値決めで設定された価格に 代わり、米CMEグループがニューヨークで運営する先物市場 COMEXの金相場の終値が採用される可能性について「あり得る」と し、「検討する必要があるだろう」と述べた。

原題:Randgold Open to Consider an Alternative to London Gold Fixing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE