コンテンツにスキップする

ウクライナ大統領選:ポロシェンコ氏が勝利-国民融和の責務

25日投開票のウクライナ大統領選で は資産家ペトロ・ポロシェンコ氏の当選が確実となった。分離派による 暴力が続く東部の混乱を収束させ国家の分裂を回避する責務は同氏に託 された。

世論調査会社とテレビ局の出口調査結果によれば、ポロシェンコ氏 の得票率は最大57.3%と、決選投票を待たずに当選が決まる過半数票を 確保した。2位はティモシェンコ元首相で、出口調査の得票率は12 -13%。立候補者は21人だった。ドネツク州などウクライナ東部では分 離派の妨害で有権者のほとんどが投票できない事態となったが、米欧は ポロシェンコ氏の勝利を歓迎した。

ラズムコフ・センターの政治調査責任者、ユーリ・ヤキメンコ氏は 電話インタビューで、「第1回投票での勝利は不確実な期間を短くする 上に、統治制度を安定させる」と指摘。「ウクライナに正統性を有する 大統領が誕生し、同国は東部の情勢に影響を及ぼす手だてを得た」と説 明した。

ヤヌコビッチ前政権の崩壊を受けて実施された今回の大統領選で、 ウクライナ暫定政府には正式な後継者を決めることでけじめをつける狙 いがあった。ヤヌコビッチ氏は政変で大統領職を追われ、2月にロシア へと逃亡した。ロシアのプーチン大統領はこれまでウクライナ政府の正 統性を認めていなかったが、今回の投票で選ばれる新大統領にロシアは 協力すると述べている。米国と同盟国は今回の投票が妨害された場合、 対ロシア制裁を強化すると表明していた。

ポロシェンコ氏はキエフにある自身の選挙本部で記者団に対し、 「われわれの最初の一歩は戦闘や混乱、無秩序状態を終わらせることに 重点を置く」と発言。東部を訪れ、ロシアと共に混乱収束に取り組むと 述べた。また最高会議(議会)選挙を秋に前倒しして実施する方針も表 明した。

債券市場に好材料

ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、商才に優れたポロシェ ンコ氏の資産は10億ドル(約1020億円)。貿易協定を通じて欧州との経 済関係を強めるとともに雇用拡大で賃金水準を引き上げると公約してい る。同氏は25日、チョコレートで有名な菓子メーカーの「ロシェン」を 含む資産の売却をあらためて言明。売却のアレンジャーとして投資銀行 を起用する。

ポロシェンコ氏はさまざまな陣営と協力関係を構築できる柔軟性で 知られる。ユーシェンコ政権で外相を務めた後、ヤヌコビッチ政権でも 経済相に就いた。

ダンスケ銀行のストラテジスト、ウラジミール・ミクラシェフスキ ー氏(ヘルシンキ在勤)は電話取材に対し、ポロシェンコ氏の勝利はウ クライナとロシアの債券市場にとって「大きな」好材料だと発言。ブル ームバーグの集計データによれば、ウクライナのフリブナは今年に入っ てドルに対し31%下落と、最もパフォーマンスの悪い通貨となってい る。

オバマ米大統領は国民の懸念解消と融和を目指すウクライナが今回 の選挙によってまた「重要な」一歩を刻んだと指摘。「重要な政治・経 済改革の制定を図るウクライナの取り組みを支援するため、米国は次期 大統領ならびに民主的に選出された同国議会に協力することを楽しみに している」と電子メールで表明した。

ロシアはこれまでのところ、開票結果への反応を示していない。

原題:Billionaire Poroshenko Triumphs in Ukraine’s Presidential Vote(抜粋)

--取材協力:Brian Parkin、Andras Gergely、Derek Wallbank、Jake Rudnitsky.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE