仏首相:欧州議会選挙での国民戦線の勝利にEUの対応必要

フランスのバルス首相は欧州議会選 挙で、国民戦線が初の勝利を収めるという「激震」に欧州連合(EU) が対応する必要があると述べた。

調査会社TNSソフルやイプソス、イフォップの推計によれば、反 ユーロと移民排斥を主張するルペン党首率いる国民戦線はフランス国内 で25%以上の支持を確保。サルコジ前大統領が率いる国民運動連合 (UMP)は約20%で2位、社会党は3位で14-15%と出遅れている。

バルス首相は25日遅くのテレビ演説で、「欧州は失望した。欧州は 再び希望を与える必要がある。より強く公平で団結の固い欧州が必要 だ」と述べた。

イプソスの試算によれば、欧州議会でフランスに配分された74議席 の3分の1は国民戦線が握る見通し。国民戦線は同国内では依然として 非主流派にとどまるものの、欧州議会選挙での勝利により信頼を得るこ とになりそうだ。

原題:French National Front Victory Needs EU Response, PM Valls Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE