コンテンツにスキップする

欧州株:上昇、米経済指標を好感-週間ベースでは6週続伸

23日の欧州株式相場は上昇。この日 発表された米経済指標で住宅市況の持ち直しが示されたことが手掛か り。指標のストックス欧州600指数は週間ベースで上げ、昨年11月以降 で最長の続伸となった。

オランダの人材派遣会社ランドスタッド・ホールディングは3.1% 上げた。同銘柄の投資判断をUBSが引き上げたことが買い材料。一 方、デンマークの宝飾品メーカー、パンドラは4.2%下落。一部株主が 同社株10%程度を売却したことが嫌気された。フランスの電話会社オレ ンジは1.6%安。同銘柄の投資判断をソシエテ・ジェネラルが引き下げ た。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%高の341.76で終了。約6年ぶ り高値を付けた今月13日の水準まで0.1%未満となった。週間ベースで は6週続伸。25日のウクライナ大統領選も注目されている。

また、ドイツのIfo経済研究所がこの日発表した5月の企業景況 感指数は110.4と、4月の111.2から低下したが、相場の下げ材料とはな らなかった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト38人の 予想中央値は110.9だった。

LLBアセット・マネジメント(リヒテンシュタイン)の株式・債 券部門責任者、クリスチャン・ゾッグ氏は「ここ最近発表されてきた欧 州の経済データはやや失望する内容だったが、この日のドイツの数字は まあまあ予想通りだった」と発言。「Ifo指数は予想を少し下回った かもしれないが、それでもまだ高い水準にある。週末を控え、投資家は 様子見姿勢だろう。ウクライナ情勢にも注目だ」と語った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、この日の取引高は30日 平均を25%下回る水準だった。米商務省が発表した4月の新築一戸建て 住宅販売は前月比6.4%増の43万3000戸。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想の中央値は42万5000戸だった。前月は40 万7000戸に上方修正された。

23日の西欧市場では18カ国中13カ国で主要株価指数が上昇。仏 CAC40指数は0.3%上げた。独DAX指数は0.5%上昇し、過去最高値 を付けた。

原題:European Stocks Advance on U.S. Housing Data as Randstad Climbs(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE