コンテンツにスキップする

ロシア軍参謀総長がNATOに警告、国境付近の軍増強に対応

ロシアは国境付近で北大西洋条約機 構(NATO)が軍事力を増強していることに対して措置を講じると、 ロシア軍のゲラシモフ参謀総長が語った。

ゲラシモフ参謀総長は23日、モスクワで開かれた安全保障関連の会 議で、ウクライナの騒乱は「事実上の内戦だ」とし、当局は「武器を持 たない国民」に対して武力を行使していると発言。内部衝突は「もはや 純粋に国内問題ではなく、国際的な意味合いを強めている」と述べた。

NATOはロシアによるクリミア併合を受けて抑止力を強化するた め、ポーランドとルーマニア、バルト海の加盟諸国で空中および海上で の偵察を増やしたほか、地上軍も増強した。ウクライナでは今週末に大 統領選が実施される。バルト諸国は同地域でロシアが軍事力を増強して いるとし、これに対抗するためNATO軍の恒久的な駐留を求めてい る。

ゲラシモフ参謀総長は「ロシア国境付近でNATO軍の戦闘即応力 は強化されている」と指摘。「こうした状況をわれわれは傍観してはい られない。対応策の実施を迫られることになる」と続けた。

(更新前の記事は第3段落の大統領選実施国をウクライナではな く、クリミアとしていたため訂正済みです)

原題:Russia Threatens to Counter NATO Buildup on Borders as Ties Fray(抜粋)

--取材協力:Leon Mangasarian.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE