NY外為:ユーロが3カ月ぶり低水準、独景況感が低下

23日のニューヨーク外国為替市場で はユーロが3カ月ぶり低水準をつけた。ドイツのIfo経済研究所がま とめた5月の独企業景況感指数が前月から低下、欧州中央銀行( ECB)が来月にも追加緩和に動くとの観測が強まった。

ユーロは週間ベースでドルに対して3週連続で下落。今週実施され る欧州議会選挙では現体制に批判的な政党が勢力を拡大するとみられて いる。カナダ・ドルは上昇。4月の消費者物価指数(CPI)は伸びが 加速した。

HSBCホールディングスの為替ストラテジスト、ロバート・リン チ氏は電話インタビューで、「ドイツIfo景況感の予想が若干悪い方 向に外れたことで、対ドルでのユーロ売り意欲がある程度戻った」と述 べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.2%安の1ユ ーロ=1.3629ドル。一時は1.3616ドルと、2月13日以来の安値をつけ た。ユーロは対円でほぼ変わらずの1ユーロ=138円97銭。ドルは対円 で0.2%高の1ドル=101円97銭。

ユーロのネットショート

商品先物取引委員会(CFTC)によると、ヘッジファンドなど大 口投機家の対ドルでのユーロ下落を見込んだポジションが拡大した。20 日時点でユーロのネットショート(売り越し)は9220枚。前週は2175枚 だった。

対ドルでのユーロの相対力指数(RSI、期間14日)は、急な下げ により反転を示唆するといわれる30を下回った。ブルームバーグのまと めたデータによると、ユーロは200日移動平均の1.3638ドルを下回っ た。

週間ベースのユーロは対ドルで0.5%安。対円ではほぼ変わらず。

カナダ・ドルは上昇。同国のCPIは4月に前年比で2%上昇。エ ネルギー価格は8.4%上昇した。

ナショナル・バンク・オブ・カナダの外為担当マネジングディレク ター、ジャック・スピッツ氏(トロント在勤)は「2%の上昇は驚かな い。市場は予想していた」と述べた。

カナダ・ドルは対ドルで0.3%上昇し、1ドル=1.0861カナダ・ド ル。

円が下落

円は対ドルで下落。日本銀行の黒田東彦総裁は米紙ウォールストリ ート・ジャーナルのインタビューに応じ、円が主要通貨に対して上昇す る理由はほとんど見当たらないと述べた。

Ifo経済研が発表した企業景況感指数は110.4と、4月の111.2か ら低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト38人の予想 中央値は110.9だった。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は、「ユーロには一段と根強い売り圧力がある」 と述べ、「Ifoが影響している」と述べた。

原題:Euro Falls to 3-Month Low as German Confidence Drops; Krona Down(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、Kristine Aquino、Kevin Buckland、Neal Armstrong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE