コンテンツにスキップする

独1-3月GDP改定値は0.8%増、速報と一致-内需がけん引

ドイツでは1-3月(第1四半 期)、内需が経済成長をけん引した。ユーロ圏の回復がまちまちである ことが示された。

独連邦統計庁の23日の発表によると、内需は前期比1.9%増。うち 建設は3.6%増。穏やかな天候が追い風となった。国内総生産( GDP)改定値は前期比0.8%増と、15日に発表された速報値と一致し た。労働日数調整後の前年同期比では2.3%増。

家計消費は0.7%増、政府支出は0.4%増。設備投資は3.2%増。輸 出が0.2%増だったのに対し輸入が2.2%増加し、純輸出の寄与度はマイ ナス0.9ポイントだった。

原題:German Reliance on Domestic Demand Shows Uneven Euro Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE